ゲーム

ロマサガRSの運営に対して思ったコト2021

小林 祐也(ぷーさん)

不器用・物ぐさ・料理音痴ですが、出産を契機に料理を始めました!SHARPのホットクックという便利鍋を使った時短レシピや、気になった美味しそうな料理に挑戦した結果をご紹介!

おはこんばんにちは、ゆーやです。

今日は、最近のロマサガRSをプレイして思ったことについて記載します。

※本稿で紹介する画像は、ロマサガRSのキャプチャーおよびNoxplayerのキャプチャーを用いております。

プラチナチケットとスタミナ剤の価値低減に対する運営の対応がひどい

最近、ロマサガRSをプレイしていて感じた変化があります。それがこちら。

  • プラチナチケットの価値の低減
  • スタミナの価値の低減
  • スタイルレベルを上げるシルバーピースやブロンズピースの価値の低減
  • オーラムの価値の低減

今、はじまった話ではないのですが、ロマサガRSをプレイして1年目の頃は、これらの価値が大きくて、課金価値があったように思います。しかし、今はプレイヤーの満足度を上げる為の施策として、これらの供給量を上げるということが行われて、価値が激減しております。

この状況に対して、運営が実施している内容に悪手と感じるモノが2つありました。

①価値の無いモノを報酬として設定するコト

1つ目は、それまでと同様の価値として、プラチナチケットやスタミナ剤、シルバーピース等をミッション報酬として設定していることです。

プレイヤーからすると、めんどうなミッションをこなした対価や、嬉しいはずのログイン報酬として、ゴミを投げつけられたような感じになることです。

シルバーピースなんていらないよ!!

②直接キャラクターを購入出来る仕組みを導入してしまったコト

2つ目は、課金する対象が狭まった関係から、好きなキャラを5000円で買えるというチケットというのを売り出してしまった点です。

運営がやっちまったと嫌悪感しか感じなかった交換チケット

プレイヤーからするとありがたいのかもしれませんが、そこは別にガチャで良くて、直接キャラクターを購入出来る仕組みは、流石にやっちゃだめだろうと思いました。

満足度を下げない為に実施すべきコト

これらの悪手を打たない為に、私が運営をしていたらどうするか?と考えてみると、プラチナチケットやスタミナ剤の需要を供給しつつ、これから改善していく別の需要の創造をし続けていたのではないか?と思いました。

満足度っていうのは、不便さや需要を満たすことで上がるので、不便さや需要が底をついてしまうと、それだけで満足度が下がってしまう為です。

言い換えると、ゲーム運営をするにあたって満足度をキープをしていくにはゆくゆく改善していく不便さや需要を常に創り続ける必要があるのです。

ちなみに、ロマサガRS1年目に発生していたフリーズバグみたいな、最低レベルな不便さを作るということではありません。満足度は基本的な仕様が満たされていた上での付加価値で決まりますので、基本が損なわれていると大崩れしてしまいます。

満足度を上げる為に実施すべきコト

では、この需要として何を創り続けるかっていうところが難しい所なのですが、ロマサガ2以降のサガシリーズをプレイした人達が何に対して一番の感動体験をしていたかというと、閃きです。

今のロマサガRSにはこの感動体験が無くなってしまっているので、私が運営だったら、技の所持数枠を増やせるようにすることに課金要素を付けたりするかなと思います。仕様を変更するのが難しいかもしれませんが、それであれば、ロマサガRS2とかを作ってしまえば?と思ったりもしました。

まとめ

これからのの人生でゲーム運営をやるとか、たぶんないと思うのですが、そこで大事だなことって何だろう?と考えさせられるいいきっかけになったように思います。

なんだかんだでロマサガは好きで思い入れのあるゲームなので、ここで書いたようなことをアンケートに書きました。今後も楽しめる方向でアップデートしていってほしいなと思います!

といったところで、今回はここまでです。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小林 祐也(ぷーさん)

不器用・物ぐさ・料理音痴ですが、出産を契機に料理を始めました!SHARPのホットクックという便利鍋を使った時短レシピや、気になった美味しそうな料理に挑戦した結果をご紹介!

-ゲーム
-