未来予想

法定通貨自身がバブル?

2021年2月8日

小林 祐也(ぷーさん)

◆日々の困り事を解決するライフハックノウハウから、応用分子化学科卒の知見から突き詰めたヘルスケアノウハウ、次の時代を担う"ティール組織"や"価値主義"、身近な生活を便利にしてくれる"スマートホーム"や"ホットクック"といった便利家電などを幅広く紹介する伝道者◆実は30以上のプログラム言語を経験し、NewsPickerとして常に最先端技術のニュースを収集する外資コンサルタントSE

おはこんばんにちは、巣ごもり生活中のぷーさんです。

最近、お家から週に2~3回位しか出ない巣ごもり生活をしていますが、リングフィットアドベンチャーやVR英会話を取り入れて結構エンジョイしている今日この頃です。

AIとVRを活用した英会話サービス「Smart Tutor」を試してみた(その2)

さて、昨日2/7のことですが、僕が入っているオンラインサロンのアル研究室のけんすうさんが、近年の「国内マネーの供給量」の情報を共有されていました。

今日はこの情報から思った、「法定通貨自身がバブル?」という話をします

法定通貨自身がバブル

リーマンショックからお金の供給量が7倍に増えた

けんすうさんが共有してくださっていた、国内マネー供給量の推移は次の通りです。

これを観ると、国内マネー供給量が、12年前のリーマンショックから7倍位に増えているんですよね。

この状況だと、相対的に物価が上がるインフレが起こる筈なのですが、不思議なことにお金で買える物の価格がそれほど上昇しておりません。

扱う人口は増えているわけでもありません。これって、法定通貨自身がバブルだと思うんですよね。

バブルとは何か

バブルは「泡」という意味で、実態の価値以上の評価(泡の部分)が生じている状態のことを言います。先ほど法定通貨自身がバブルといったのは、法定通貨に実体の価値以上の評価が生じているということです。

1991年~1993年に起きた、バブル崩壊は、1986年~1991年まで起きた資産価値が落ちてバブルがはじけてやってきました。

2008年頃に起きたリーマンショックでは、低所得者向けのサブプライムローンが不良債権化することで、紙切れになることで、バブルがはじけきました。

これに準えたバブルの崩壊が起こるとまで言っているわけではありませんが、明らかに額面の価値を持っていないのが法定通貨の現状で、バブルだと言えると思います。

国の借金がマネー供給量を超えている

さらに、別の切り口でみると、国が抱えている借金は1100兆円らしいです。

国内マネー供給量の600兆円の2倍弱あるんですが、これって返せるの?って疑問に思ってしまいますよね。

サブプライムローンのような債務不履行になることは無いと思うんですけど、

オリンピックの森さんの不祥事や、コロナのGoToのいけていない施策をしている状況を観て、どんどんと日本の信用が低下していく状況で、

じり貧になった近い将来に、この法定通貨のバブルがはじけるんじゃないかって思うんです。

法定通貨のバブル崩壊への対策として出来る事は?

で、対策出来る事は何かって言うと、今のところベストな対策は出回っていません。強いてあげるなら暗号通貨への交換ですね。

法定通貨が持っている信用よりも、暗号通貨のシステムが担保している信用のほうが堅牢っていう考え方が今後強まるからです。

裏付けというわけでは全くないのですが、ビットコインは、1年前位の2020年3月に52万円だったのが、2021年2月8日時点で460万円の9倍弱になっています

ビットコインは投機対象になっていて、ふらふらと値がゆらいでいるので、なんとも言えませんが、長い目で見ると価格は上がっています。

この記事を書いている時に、先見性の塊である、テスラもビットコインを15億ドル買ったってニュースが出てましたw

これってビットコインの価値が上ったというのもあるんですが、日本円の価値が相対的に下がっているだけなんじゃないかなとか思います。

ただ、今現在、投機対象になっていて、まともに通貨として機能していない状況なので、ベストとは思っていません。

暗号通貨の真価はまだ発現していない

余談ですが、今の暗号通貨って、価値が通貨自身にありますが、まともに通貨として使われだすと、通貨ではなくてその使途に価値が宿るようになると考えております。

これは暗号通貨の透明性がドライブさせる現象で、金を使うと金が無くなる時代から、金を使わないと金が無くなる、という今の常識だと考えられない状況を引き起こすんですが、その辺はまた別の機会に記事にしようと思います。

この状態になる通貨、基盤が今後出てきて、仕組みが判明したら、そこにだーーーーーっとお金が流入するはずです。企業の蓄えた内部留保の400兆円とかがどかどかどかーっと。

そのお金でベーシックインカムが達成出来るのではないか?とか、わけわらないことを本気で考えてたりします。考えているだけじゃなくて、手を動かして創る為のアクションをしていかないとな。

需要収集投資マッチング基盤(仮称)の創作への挑戦1:需要収集投資マッチング基盤とは?

まとめ

以前から、法定通貨ってバブルだぞって言っていたのですが、その裏付けとなりそうな情報があったので紹介してみたのですが、如何でしたでしょうか?

最後のほう、らりった考え方が出てきていましたが、そんなわけないって考える方、言っている意味が分からないって方、すみませんがそこは読み流してください。

といったところで、今回はここまでです。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人

小林 祐也(ぷーさん)

◆日々の困り事を解決するライフハックノウハウから、応用分子化学科卒の知見から突き詰めたヘルスケアノウハウ、次の時代を担う"ティール組織"や"価値主義"、身近な生活を便利にしてくれる"スマートホーム"や"ホットクック"といった便利家電などを幅広く紹介する伝道者◆実は30以上のプログラム言語を経験し、NewsPickerとして常に最先端技術のニュースを収集する外資コンサルタントSE

-未来予想
-

© 2021 ぷーさんの閃考