離乳食

具沢山の野菜をことこと煮詰めて、後期向け離乳食を作ってみた

2021年1月20日

小林 祐也(ぷーさん)

初の赤ちゃんの出産に直面して育児休業をとったり四苦八苦してます。妊娠中や育児中に考えたことや、便利だったグッズ、作ってみた離乳食のレシピ等を紹介してます!

おはこんばんにちは、離乳食ブロガーのゆーやです。

今回はおかず用の離乳食が無くなってしまいって、いつもはママちゃんの当番なのですが、、私が作る事になりました。

材料は、白菜を中心として、玉ねぎ、にんじん、サツマイモ、蓮根と色んな野菜です。調理自体は野菜を切るのが大変でしたが、その後はコトコト煮込むだけなので、らくちんでした。

こんな方におすすめ

  • 後期向けの離乳食を作りたい方

具沢山の野菜をことこと煮詰めて、後期向け離乳食を作ってみた

材料

具材分量
1300 ml
白菜1/4個
玉ねぎ1個
人参1本
サツマイモ50 g
蓮根50 g
豆腐1パック
ツナ缶(ノンオイル)1缶
茅乃舎だし※1パック

作成過程

今回の作成過程を共有します

  1. 菜を投入して煮込む
    まずは白菜を1.5 cm角位に切ってお鍋で煮込みます。3 cm位の大きさでも柔らかく煮込めば食べるんですが、口の中に入れるのが大変なので、この位のサイズに切りそろえるのがお勧めです。白菜から大量の水が出るので、最初は水は500ml位で煮込みました
  2. 他の菜も追加して煮込む
    その後、他の野菜もも続々と1 cm角程度にカットして、鍋に放り込みます。
    ※サツマイモと蓮根については、水に10分ほどさらして灰汁抜きしてから入れます。
    水の量が少ないと感じたら追加で水を加えて、弱火でじっくり煮込みます。
  3. ツナと豆腐を追加してさらに煮込む
    さらに、ツナ缶と豆腐を入れてじっくり煮込みます
    ツナ缶はフォークでほぐして、小さくして入れます
  4. トレイに入れて冷凍する
    都合、30分位煮込んだところで火を止めて、粗熱が取れたら製氷トレイに入れて冷凍し、食べる時に1ブロックずつ解凍します

まとめ

今回は、後期向け離乳食として、色々な野菜にツナと豆腐を加えてじっくりコトコト煮込んだおかずをご紹介しました。

冒頭にも書きましたが、野菜をカットするのが大変でした丁度いい大きさでカットしてくれるプロセッサーが欲しいところですが、良い商品ないですかね?

ご存知の方いらっしゃれば、教えてください!!

といったところで、今回はここまでです。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小林 祐也(ぷーさん)

初の赤ちゃんの出産に直面して育児休業をとったり四苦八苦してます。妊娠中や育児中に考えたことや、便利だったグッズ、作ってみた離乳食のレシピ等を紹介してます!

-離乳食