ホットクック

ホットクックで「治部煮」を作ってみた

おはこんばんは、ホットクックの伝道者エヴァンジェリストのぷーさんです。ちょっと前に、酸辣湯さんらーたんを作ったときに、嫁のしいたけ嫌いがそこまでではないとわかりました。そこで、しいたけを材料に作る料理として、「治部煮じぶに」にチャレンジしてみました!

15分

|

203

予約

まぜ技

蒸し板

DL

こんな方におすすめ

  • ホットクックの導入を検討されている人
  • ホットクックの調理能力を知りたい人
  • 簡単に料理をしたい人・させたい人

今回料理を作る際の調理パートナーのホットクックはこちら

ホットクックで「治部煮」を作ってみた

材料

材料はこちらのレシピを参考にしました。公式だと、これで4人分らしいのですが、体感としては2人分くらいに思いました。

具材分量調理方法・特記事項
1鶏もも肉250 g程度

1.一口大に切り、2.ビニール袋で薄力粉を付ける

2薄力粉大さじ1↑の用途で使用
3にんじん半分(100 g)

1 cm幅の輪切りに切る

4生しいたけ4枚石づきを取る
5だし汁50 ml-
6大さじ1-
7みりん大さじ1-
8しょうゆ大さじ1-
9砂糖大さじ1-
10小松菜二束(50 g)

3 cm幅位に切る

11わさび適量イメージ的には刺身に付いている1袋程度

治部煮とは?

料理に入る前に、治部煮じぶにが何かわからなかったので、Wikipediaさんで調べてみました。

鴨肉(もしくは鶏肉)をそぎ切りにして小麦粉をまぶし、だし汁に醤油、砂糖、みりん、酒をあわせたもので鴨肉、麩(金沢特産の「すだれ麩」)、しいたけ、青菜(せりなど)を煮てできる。肉にまぶした粉がうまみを閉じ込めると同時に汁にとろみをつける。薬味はわさびを使う。本来は小鳥を用いるとされ、その際は丸ごとすり潰してひき肉状にし、これをつくねのように固めたものを煮立てたという。

引用:Wikipedia

小麦粉がうまみを閉じ込めつつ、汁にとろみをつけるということで、大事な役割を担っているようです。

調理

ホットクックの内窯にカットしたにんじん、しいたけ、小松菜を入れます。

さらに薄力粉をまぶした一口鶏もも肉を投入し、調味料を入れます。

ホットクックに内窯とまぜ技ユニットを装着します。

メニュー番号203を入力して調理を開始です!

15分経つと出来あがりです!小松菜が結構飛び散ってますねw

更に盛り付けるとこんな感じです。

食レポ

結構美味しくて、嫁もかなり称賛していました。

今回は刺身用のわさびを1袋しか入れませんでしたが、好みに合わせて2~3袋入れると味が変わって楽しめそうな気がしました('ω')

美味しかっただけに・・・もうちょっと味わいたかったのですが、量がちょっと少ないと感じました。

まとめ

今回はホットクックの「治部煮じぶに」という石川の郷土料理のレシピに挑戦しました。

ポイントは次の2点かなと思いました。

  1. 鶏もも肉にきちんと薄力粉を付ける事
  2. わさびを入れるコト

お勧め出来るレシピだと思いますので、興味が在る方はチャレンジしみてくださいね!

といったところで、今回はここまでです。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
EHotcook

小林 祐也(ぷーさん)

不器用・物ぐさ・料理音痴ですが、出産を契機に料理を始めました!SHARPのホットクックという便利鍋を使ったレシピを紹介してます!

-ホットクック
-,

© 2020 ぷーさんの閃考