スピリチュアル

2022年4月17日に大震災が起きる?3つの占いの交点が示す可能性

2022年4月12日

ゆーはち@ライフハッカー

ヘルスケアをはじめとするライフハック情報を発信し、常識の新陳代謝を促しています! 主な著書は「健康の常識を新陳代謝しよう!

2022年4月17日に大震災が発生する可能性がある。

根拠は次の①~③だ。

①アビギャ・アナンド君の予言

新型コロナの流行タイミングを的中させたアビギャ・アナンド君というインド占星術を使う神童が、2022年4月は火星と土星の接近により、衝撃的な事が起こるとした。

コロナのパンデミックに加え、洪水や水の災害、戦争、飢饉、経済混乱などが考えられるという。特に東南アジアは要注意らしい。

②大震災発生時の悪魔の数字の法則

『18』は、新約聖書のヨハネ黙示録で「獣の数字」とされる『666』という数字からも導き出される(6+6+6=18)ため、“悪魔の数字”とも呼ばれている。

この為か、世界的に大きな地震の日を足し算すると『18』という数字が現れることが多いそうだ。

  • 阪神・淡路大震災・・・1995年1月17日
    1+17=18
  • 東日本大震災・・・2011年3月11日
    2+1+1+3+11=18
  • 熊本地震・・・2016年4月14日
    2+1+6+4+1+4=18
  • 今回・・・2022年4月17日
    2+2+2+4+1+7=18

③ひふみ神示(日月神示)

最後に日月神示という、岡本天明による神示の自動書記によって記述されたとされる書物の一節から。

紫金之巻 第五帖

岩戸ひらき 御祷(みほぎ)の神宝(たから) たてまつらまし。

月は赤くなるぞ、日は黒くなるぞ、
空はちの色となるぞ、流れもちぢゃ。
人民四つん這(ば)ひやら、逆立ちやら、ノタウチに、一時はなるのであるぞ、
大地震、ヒの雨降らしての大洗濯であるから、一人のがれようとて、神でものがれることは出来んぞ、
天地まぜまぜとなるのぞ、
ひっくり返るのぞ。

大地震を想起させるものだが、月は赤くなるぞの部分に注目する。

2022年4月の満月はピンクムーンと呼ばれるが、2022年4月17日は丁度このピンクムーンが到来するタイミングであり、この一節の到来を示唆する可能性がある。

おわりに

ロシアvsウクライナの戦争の影響で今後、確実に起こると言われているのが小麦の供給不足に伴う飢饉とインフレによる金融混乱。

さらに輪をかけて2022年4月17日がもう直ぐ到来することによって、複合災害に発展する可能性があるらしい。

インフレ対策として日本円の価値が無くなる前にモノに変える(銀投資)、飢饉や複合災害に備えるという意味だと食糧を備蓄する。

この位しか出来ていないが他に出来る事はあるだろうか?

といったところで、今回はここまでです。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-スピリチュアル