妊娠・出産・育児

業務スーパーのむき枝豆を使って「枝豆の離乳食」を作ってみた

おはこんばんにちは、この記事をかいている時点で、月例7か月と1週間程度の赤ちゃんのパッパのぷ-さんです。そろそろ離乳食も中期に差し掛かり、1日に2回離乳食を食べる為、離乳食を作る頻度も上がってきた今日この頃です。

そんな中なので、時短で離乳食を作るべく、業務スーパーで売っている枝豆を使って、離乳食を作ってみる事にしました。

業務スーパーのむき枝豆を使って「枝豆の離乳食」を作ってみた

具材分量
むき枝豆
250 g
お湯大さじ5

 作り方

枝豆を耐熱皿にあけてラップをし、レンジを使って500Wで4分加熱します。

冷めてきたら、枝豆の薄皮を取ります。この後、ハンドブレンダーでペーストにするので、薄皮をとる必要は無かったかもしれませんが、枝豆を出来るだけ美味しく食べて欲しかったので、決行しました!

スライドショーには JavaScript が必要です。

薄皮が取れたら、ハンドブレンダーさんの容器に枝豆を入れ、お湯を加えてペーストにしていきます。

スライドショーには JavaScript が必要です。

ペーストにしたら、製氷用のトレイに入れて、冷凍庫で固めます。

固まったら、製氷トレイから取り出して、ジップロックに入れて冷凍保存します。

この1ブロックが25 gなのですが、使う時は600W30秒で食べやすい温度に解凍が出来ます。

今回作った枝豆のペーストだと、未だ粒がちょっと大きくて、オエオエしながら食べていました(;´・ω・)

私が食べても確かに喉に粒感が残る感じだったので、もうちょっと潰しても良かったかもしれません。

まとめ

今回は、業務スーパーのむき枝豆を使って、離乳食を作ってみました。市販の枝豆から作るのと比較すると、茹でるステップを割愛出来るので楽です。

しかし、薄皮を剥く工程を入れると結構大変です。ただ、無心で作業するのが、好きな方にとっては悪くない工程かもしれません。私も実際楽しかったですし、やり切ると達成感がありました(^^♪!

気になった方は試してみてくださいね!

といったところで、今回はここまでです。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
ChildCareMen

小林 祐也(ぷーさん)

初の赤ちゃんの出産に直面して育児休業をとったり四苦八苦してます。妊娠中や育児中に考えたことや、便利だったグッズを紹介してます!

-妊娠・出産・育児
-,

© 2020 ぷーさんの閃考