トラブルシューティング ブログ運営

ブログに埋め込んだYoutube動画が「この動画は再生できません。」となった場合のリカバリー方法

2021年10月9日

小林 祐也(ゆーや@ブログ運営者)

◆日々の困り事を解決する為に、ライフハックや、ヘルスケアノウハウを発信し、次の時代を担う"ティール組織"や"価値主義"を普及させる仕組みを構想しております

おはこんばんにちは、ゆーや@ブロガーです。

最近、ブログに埋め込んでいたYoutubeの動画が閲覧できない状況になることが多く、これを見かけた際にちょっと困ってました。

今回は、この場合の対処方法がわかったので、ご紹介したいと思います。

こんな方におすすめ

  • ブログにYoutube動画を埋め込んでいる方
  • ブログのテーマにAffingerを使われている方

ブログに埋め込んだYoutube動画が「この動画は再生できません。」となる状況とは?

まず、当方がブログにYoutubeを埋め込んでいた方法からお伝えします。やり方としては、ブログに埋め込みたいYoutube動画上で右クリックして「<>埋め込みコードをコピー」して、テキストモードにして貼り付けです。(Gutenbergではなくクラシックモードで実施しています)

で、こうすることで、問題なく動画が埋め込めるんですが、過去に投稿した記事を開くとたまに次のように「この動画は再生できません。」が表示されていることがあります。

理由はなぜかわかりません。私が再生リストから動画を拾ってきていて、その再生リストが消えてしまったといったような状況かなと推測しています。

「この動画は再生できません。」となった場合のリカバリー方法

AffingerではYoutube動画を埋め込む方法がもう一つあります。それは、タグを使う方法です。次のようにタグ>その他パーツ>Youtubeを選択します。

すると、次のように表示されるので、

Youtube動画のアドレスのwatch?v=の後をid欄に設定します。

アドレスが例えば、「https://www.youtube.com/watch?v=XXXXX」であった場合は・・・

と記載するというわけです。

「この動画は再生できません。」になってしまった場合は、このタグを使った方法に切り替えます。

このときに、わざわざ元になっているYoutube動画を持ってくる必要はありません。

無効化してしまった埋め込みコードの中に、次のように動画のアドレスが含まれますので、そこからアドレスをコピーして

youtubeタグの中に貼り付けます。

これでも表示されなかったら、動画自体が削除されているので、そのときは諦めましょう。

まとめ

ということで、ブログに埋め込んだYoutube動画が「この動画は再生できません。」になったときは、youtubeタグを使ってみましょう!

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

 

-トラブルシューティング, ブログ運営
-