ホットクック

ホットクックで「ぶり大根+蓮根」を作ってみた!

2020年11月9日

先日、実家から大根が届いたのと、蓮根チップスを作った際に蓮根が結構余ったので、「ぶり大根」のレシピを使ってぶり大根+蓮根を作ってみました。

こんな方におすすめ

  • ホットクックの導入を検討されている人
  • ホットクックの調理能力を知りたい人
  • 簡単に料理をしたい人・させたい人

今回料理を作る際の調理パートナーのホットクックはこちら

参考:ホットクックの型番

わが家で利用中の型番:多めの量が作れる2.4Lモデルで無線でのレシピのダウンロードに対応
オススメの最新型番:内窯がフッ素加工されていて内窯の手入れが楽です!

「ブリ大根+蓮根」の材料表(4人前)

具材分量
ブリ4切れ
大根(2 cm厚の半月切り or いちょう切り)
1/2本(400 g程度)
蓮根(2 mm厚程度のスライスにし、水につけて灰汁を出す)100 g
砂糖大さじ4
しょうゆ大さじ4
大さじ3
みりん大さじ3
しょうがチューブ8 cm位

「ブリ大根+蓮根」の調理手順

1.ブリを熱湯で洗い、水気を取ります

2.大根⇒蓮根⇒ブリ⇒調味料の順番で内鍋に具材を投入します

3.ホットクックで「メニューを選ぶ→メニュー番号で探す→070を入力→調理を開始するでスタート」の操作をします

「ブリ大根+蓮根」の調理結果

出来あがりはこんな感じになりました!

ブリに煮汁が浸っていなかった。。

盛り付け後!

蓮根が主役カット

食レポ

ブリが主役?

蓮根と大根に味が浸みていて美味しかったです!

ただし、大根はあく抜きしていなかったので苦い部分がたまにありました(;^ω^)

ぶりは煮汁があまり使っていなかったからか、味があまり浸みていませんでしたので、煮汁を付けて食べました!

おわりに

今回は、ホットクックでぶり大根+蓮根をご紹介しましたが、反省点は次の2つです

  1. 大根のあく抜きをしたらよかった
  2. ブリが浸るように内窯に具材を並べれば良かった

このレシピを作られる際は、上記の点に気を付けてもらえればと思います!

書籍の宣伝:新陳代謝すべき健康の常識

・あなたは家族の健康の為に、ヘルシーそうなサラダ油を使っておりませんか?
・メディアの勧めるサプリを過剰に摂取されておりませんか?

これらは実は健康に害悪で、献身的な努力に反する結果を引き起こします。本書では、このような状況を引き起こさぬように健康常識の新陳代謝を促進します!

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆーはち@ホットクックの伝道師

不器用・物ぐさ・料理音痴ですが、出産を契機に料理を始めました!SHARPのホットクックという便利鍋を使った時短レシピや、気になった美味しそうな料理に挑戦した結果をご紹介!

-ホットクック
-