調査した

ただの危ない人だと思ったらめちゃめちゃ面白い人だった成田悠輔さん

ゆーはち@ブログ運営者

◆日々の困り事を解決する為に、ライフハックや、ヘルスケアノウハウを発信し、次の時代を担う"ティール組織"や"価値主義"を普及させる仕組みを構想しております

なんだこのヤバイ人は!?

成田悠輔さんのYoutubeの切り抜き動画が最近流れてきていて、その動画を観た感想です。

ヤバイと言いましたが、これは悪い意味ではなくて、小気味よく他の人が想起しないような持論を展開しているのを観て思った感想です。

今日は、そういう風に思った成田悠輔さんの切り抜き動画を紹介しつつ思った感想を記します。

最初は本当にただの危ない人だと勘違いした成田悠輔さん

最初に成田悠輔さんを知ったのは、ひろゆきさんの切り抜き動画でした。

なんか、今思えば悪意があるとしか思えないような危なそうなサムネの動画があったんですよね。

この下の動画とかも、「若者の格差」無くすことができる?というお題に対して、「格差をもっと作り出そう」というお題をひっくり返すような回答をしていて、ただの空気が読めないヤバイ人なのかと思ってしまっていました。

でも実際に、話を聞いているとそもそも格差が産まれるほどの経済を日本が創れていないことがまず問題という、筋の通ったことを話していて、確かにそうだなと納得させられました。

成田悠輔さんの面白かった切り抜き動画

セミナーの最後にセミナー自体を完全否定する成田悠輔さん

古典落語の蒟蒻問答という名作を説明し、この落語がコミュニケーションの本質を付いており「常にコミュニケーションは一方的な勘違いの場合のが多い」と説明します。

これに紐づけてセミナーの題材である「グローバル経済といったような誰もわかっていないモノに対するセミナーも蒟蒻問答であり、一方的な勘違いで何かを掴んだ風にして帰っていく」とこのセミナーの登壇者や参加者をみんなぶった切るような痛烈なことを話しされていてとても面白かったです。

論文書いていると死にたくなっちゃう成田悠輔さん

論文を書くときに、多くの場合「典型的な手段と目的の逆転が起きる」から論文を書くと死にたくなっちゃうと説明する成田さん。確かにそれはあるなと共感しました。

多様性をファッションとして消費しちゃいけないと言う成田悠輔さん

外国人を雇っている企業の方が、国籍関係なく優秀だから雇ったということを誇らしげに語り、自社を多様性がある企業としてファッションのように謳っている事に対して、評価する際の軸が、優秀さとか生産性とか単一軸で観ているから、それってそもそも多様性じゃないよねという風にぶった切ってました。確かにそうだよなーとこれも共感しました。

お金が存在しない時代がくると言う成田悠輔さん

お金のことを重要でないと思っており、こんな重要ではないものは、いつか消えて無くなるんではないかと語る成田悠輔さん。こういう頭のおかしいことを考える人が日本にもっと増えてくれたら楽しく生きていけると思うという持論に共感しました。

おわりに

成田悠輔さんの話は如何でしたでしょうか?

個人的には凡人の試行から逸脱した発想・持論なのですが、共感を覚える内容でとても面白い!と思ったのですがあなたはどうですか?

私はファンになってしまいましたよ~ということで、今回はここまでです。

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-調査した