ゲーム

ドラゴンクエストウォークをやってみた

2019年9月12日にドラゴンクエストウォークの正式版がリリースされましたが、皆さんドラクエウォークはプレイしましたか?
ドラクエウォークPVを観た方は、ARの技術で現実世界にドラクエの世界が拡張されるというコトで、ワクワクしていたんではないでしょうか?

私は、このドラクエウォークをかなりワクワクと楽しみにしていたので、リリース後すぐに遊んでみました!この記事では、ドラクエウォークを実際にプレイしてみた感想や、ゲーム性などをご紹介します。

こんな方におすすめ

  • ポケモンGoにハマった方
  • 日頃運動不足の方
  • ドラクエ好きの方

ドラクエウォークのシステム

クエスト

本作には二種類のクエストがあります。

ストーリークエスト

メインのクエストがストーリークエストです。


出典:「ドラゴンクエストウォーク」

上図の画面キャプチャ―のように、ストーリークエストでは、ストーリーの目的地を現実世界のスポットに割り当てます。(目的地の割り当ては、現在地から150m以上離れている場所しか設定できないような制限があるようです。)

スポットとして指定できるエリアは色々あります。中には目的地としてふさわしくなさそうな場所もあるようですw

そして、自分で設定した目的地に到着すると、ストーリーが進みます。

出典「ドラゴンクエストウォーク」

上図の画面キャプチャ―のように、ストーリーの内容は敵と戦うモノであったり、仲間に出会えるモノであったりと様々です。

イベントクエスト

イベントクエストでは、ジェムの配布用のイベントクエストであったり、キャラクターや装備を育てる為のサブクエスト、ご当地クエストが選択できます。

出典「ドラゴンクエストウォーク」

上図の画面でイベントクエストを選択出来ます。まだ、ご当地クエストは配信されていない模様です。

特定のクエストは連戦もある

章末のクエストや、メタルスライムを討伐するクエストなどは、連戦が発生します。

出典「ドラゴンクエストウォーク」

上図のキャプチャーのように連戦の場合は「奥にすすむ」ボタンで先へ進みます。この状態の際にはまんたんボタンでどうぐや、魔法、ジェムという課金石を使い、HP・MPを回復できます。連戦の場合も、怖気づかないで進めてしまって良さそうです。

ミッション

日替わりのミッションやイベントミッション、ノーマルミッションがあります。

出典「ドラゴンクエストウォーク」

上図の画像のように、ミッションを達成するとジェムや福引券、ゴールド、アイテムがもらえます。

敵との戦闘

敵との戦闘は、地図上でのエンカウントで発生し、クエストの目的地でも固定のバトルが発生します。

出典「ドラゴンクエストウォーク」

上図のように現在地の地図を背景に、戦闘が展開されます。初見の敵を倒すと、倒した敵がずかんに登録されます。また、敵を倒すと経験値やゴールドを獲得でき、まれにアイテムやモンスターの心を手に入れるコトが出来ます。

モンスターのこころ

モンスターのこころは、3つまで装備するコトが出来、武器や防具と同じ様に、キャラクターの能力値を上げたり特殊な効果を発動するコトが出来ます。

こころの装備

出典「ドラゴンクエストウォーク」

上図のように、こころにも種類があり、色で種類の違いが表現されます。
職業によって装備が出来るこころの組合せが違います。

また、こころにはレアリティーがあり、より高いレアリティーの心を装備したほうが能力値の上り幅が大きいです。

出典「ドラゴンクエストウォーク」

上図のように、レアリティーが低い心も、同じランクの心を合成することで、ランクアップをする事が出来ます。

かいふくスポット(ツボ)

マップ上を歩いていると、ツボのシンボルのかいふくスポットがあります。これをタッチするコトで、キャラクターのHPやMPを回復したり、HPやMPを回復する道具や、装備を強化する為の素材を入手できます。ボス戦の前や、強敵との戦闘の後などに触れると良いです。

かいふくスポット

出典「ドラゴンクエストウォーク」

上図のように、かいふくスポットは緑色の柱でMAPに表示されており、近づくとツボのマークになります。相変わらず、この世界ではツボは壊すものですw

WALKモード

普段の戦闘は、いちいち画面をタップしないといけないのがもどかしいです。通常時は、WALKモードにしておくことで、自動で戦闘やツボ割りをしてくれますのでこちらのモードを利用するのを推奨します。

WALKモード

このモードを使っていないと、会話の文字送りから何までタッチしないと進みません。あまりスマホを見ていると歩行の危険になりますし、このモードを使うコトをオススメします。

出典「ドラゴンクエストウォーク」

WALKモードにすると、上図のような表示がされます。マナーモードにしておくと、敵とのエンカウント、勝利時などにバイブレーションが作動します。

自宅の設置

おでかけランクが3になると、自宅を設置出来るようになります。

出典「ドラゴンクエストウォーク」

上図のように、自宅にはクエストやミッションで入手した家具を設置するコトが出来ます。この自宅に入ることで、回復やおでかけランクの状況を確認できます。

他プレイヤー宅への訪問

下図のように、各プレイヤーが配置した自宅は、マップ所に表示され、中に入ることが出来ます。

出典「ドラゴンクエストウォーク」

他プレイヤーの家に入ると、他のプレイヤーの内装を観る事が出来、いいねを送る事や、フレンド申請を行えます。また、家の中には光るスポットがあり、そこをタッチするコトで、アイテムやゴールドが入手できます。

仲間

仲間はメインのクエストを進めていくと増えていく仕組みです。ガチャ要素じゃなくてよかったですw

仲間になるタイミング

1章5話:僧侶
2章1話:武道
2章5話:魔法使い

出典「ドラゴンクエストウォーク」

メインクエストをクリアすると、上図のように仲間が加入します。仲間は名前や姿が初期設定されていますが、後から変えられます。

職業

職業は、冒険ランクが12以上になると実施出来ます。

出典「ドラゴンクエストウォーク」

上図のように冒険ランクが12に達するまでは、転職は使えません。転職先は既存の仲間の職業である「戦士」「僧侶」「武闘家」「僧侶」以外の「盗賊」への転職が可能です。キラーピアスなどのレア装備がある場合は、「盗賊」も活きてくるそうです。

そうび

ふくびきで揃える

そうびはクエストをクリアするとも貰えるますが、あまり使えません。基本的にそうびはふくびきで揃えるものと考えたほうがよさそうです。

ふくびきはクエストをクリアするともらえるジェムや福引券を使うコトでを引くコトが出来ます。ふくびきでは、☆3~5までのランクのそうびが排出されるます。これが、このゲームの課金要素ですね。

10連ふくびきの様子

出典「ドラゴンクエストウォーク」

上図のように、10連をふくびきを実施すると、スライム達がそうびの入った宝箱を運びます。箱の色がそうびのレア度を示唆しております。
空に浮かぶ星座や流れ星が流れると、宝箱がランクアップする可能性があります!銀箱から金箱や虹箱へのランクアップしないか眺めるとワクワクします!

10連ふくびきの排出結果

出典「ドラゴンクエストウォーク」

上図のように、くじびきを行うと、次々に宝箱の中身が確認されます。☆3は銀色、☆4は金色、☆5は虹色の宝箱から排出されます。

30連ほど福引をしましたが、一度も☆5が排出されませんでした。☆5の排出確率は7%らしいですが、偏りはあるかもしれませんね。

ふくびきの排出結果2

10連ではなく、1回のみでふくびきをしたら、メタスラの剣が当たって嬉しかったです('ω')

出典「ドラゴンクエストウォーク」

上図のように、☆5ランクのそうびが排出される際は、宝箱や☆のマークが虹色になります。

ふくびきで排出されたそうびは、自分や仲間にそうびさせる事が出来ます。そうび毎に特殊なスキルが設定されており、攻略に応じて装備を使い分けるような運用になりそうです。また、各そうびは職業によって得意なものがあるようです。

メタスラの剣によって使えるスキル

出典「ドラゴンクエストウォーク」

上図のように、そうびは鍛えないと、特殊スキルが使えるようになりません。よいそうびをゲットした際は、使いたいスキルが使えるまで、鍛えましょう!
ちなみに、メタスラの剣のスキル「メタル斬り」はLv10まで強化しないと使えない点に注意!メタル斬りはメタル系モンスターに2~3のダメージを与えるコトが出来る為、週末のメタルダンジョンで経験値を稼ぐ為に有効なスキルです!

そうびの強化

各そうびは専用の強化石とゴールドを用いて強化するコトが出来ます。そうびを強化すると、攻撃力や守備力といった性能が上がる他、特定のスキルが使えたり効果が付与されるようになります。

そうび強化の様子1

出典「ドラゴンクエストウォーク」

上図のように、そうびを強化するには、強化石を用います。強化石は、クエストやミッションのクリア、ツボを壊す事など様々な方法で入手できます。

そうび強化の様子2

出典「ドラゴンクエストウォーク」

上図のように、そうびを強化するコトで、スキルが利用出来るようになります。高ランクのそうびを入手したら、積極的に強化してスキルを解放しましょう!

限界突破

同じそうびが複数ある場合、そうびの強化限界値を上げる限界突破が出来るようです。

そうびの限界突破

出典「ドラゴンクエストウォーク」

上図のように、限界突破を実施ると、そうびの強化上限が上昇します。装備によっては、特殊能力が付与されるものもあります。
ちなみに、そうびは強化石の代わりにも使えますので、必ずしも限界突破が有効とも限らないです。
目的や手持ちのゴールドと相談しつつ、限界突破をしていきましょう!

レベルとランク

本作にはキャラクター毎のレベルと、冒険を進めていくコトで上昇する冒険ランク、MAPにあるシンボルをタッチするコトで上昇するおでかけランクの3種類のレベリング要素があります。

レベル

キャラクター毎のレベルは、敵を倒したときに得られる経験値を一定数貯める事で上がります。ドラクエおなじみのメタルスライムなどを倒すと一気に経験値が上がります。ただし、本作同様でメタルスライムは高確率で逃げ出すので、仕留める為には、武道家の必中拳メタスラ装備で挑んだ方がよいです。

出典「ドラゴンクエストウォーク」

一定の経験値をためると、レベルが上がります(上左図参照)。レベルが上がることで、使えるスキルが増えていきます。(上中図参照)。レベルを一気に上げる為には、経験値を多く入手できる週末のメタルダンジョンがおすすめです(上右図参照)

冒険ランク

クエストをこなしていくコトで、上昇していくのが冒険ランクです。冒険ランクが上がっていくと、敵の強さが上昇していきます。また、転職のように冒険ランクに応じて解放されていくメニューもあります

出典「ドラゴンクエストウォーク」

上図のように、クエストをクリアしたタイミングなどで、冒険ランクがアップします。

おでかけランク

おでかけランクは、歩数とかいふくスポットにタッチした回数に応じて上昇していきます。おでかけランクが上がると、部屋が広がったり、設置できる家具が増えます

出典「ドラゴンクエストウォーク」

上図のように自宅に入ると、おでかけランクが確認できます。

敵の強さと種類

敵の沸く場所

クエストの目的に設定した場所の付近は、多数の敵がポップします。なので、レベルを上げたければ、クエストの目的地付近で戦うと良いと思います。

但し、ポップする敵のレベルは、設置したクエストに比例するようなので、設置するクエストを選んだほうが良いと思います。

出典「ドラゴンクエストウォーク」

上図のように、目的地周辺にはたくさんの敵が湧きます。また、においぶくろというアイテムを使うコトで、モンスターを引き寄せる事が出来ます。

ARの要素は?

今のところ確認しているARの要素は、「モンスターずかん」からのみです。

出典「ドラゴンクエストウォーク」

上図のように、モンスターAR画面を起動して、指定した場所にモンスターを設置出来ます。ちょっとPVで想像していたモノとはかけ離れていたので、若干のがっかり感は否めないですねwまぁ、今後に期待ですね。

メガモンスター

プレイヤーが集まって敵を倒すレイドバトルのような機能としてメガモンスターがあります。リリースから相当のユーザーさんがプレイしている為か、不具合が発生していました。最近は、プレイ出来ているようですが、未だバトルに参加出来てません。。

出典「ドラゴンクエストウォーク」

上図のようなお知らせがあり、リリース当初はメガモンスターが制限されていたようです。
それだけ、たくさんのプレイヤーが遊んだというコトですね!

感想

ドラゴンクエストウォークをプレイした感想です。

たくさんの距離を歩くコトが出来た

このゲームをプレイするコトで、とてもたくさんの距離を歩くコトが出来ました。運動不足の方にはオススメかもしれませんね。

出典「Google Fit」

上図のように、ドラゴンクエストウォークをプレイするコトで、たくさん歩けます。

RPG要素があって楽しい

これまでにもポケモンGoやパズドラレーダーといった地図を題材にしたゲームをプレイしてきましたが、今までのARゲームの中では一番RPG要素があると感じました。普通にドラクエのイメージがあるのでドラクエ好きの方にはオススメしても良いと感じました。

ポケモンGoのような社会現象も?

夜に散歩がてらドラクエウォークで遊んでいたら、同じようなプレイヤーに遭遇しました。ポケモンGoがリリースされた際は、ジムやレアポケモンの出現地に人がわらわらと集まりましたが、もしかするとドラクエウォークでも同じような現象が起きるかもしれませんね。

 

まとめ

ドラゴンクエストウォークのゲーム性の紹介と、プレイ感想をご紹介してきましたが、如何でしたでしょうか?既にセールスランキングで1位を達成するという偉業を成し遂げているので、しばらくの間は話題になるのではないかと予想します。気になった方は、是非プレイしてみてくださいね!

ドラゴンクエストウォーク

ドラゴンクエストウォーク

SQUARE ENIX INC無料posted withアプリーチ

 

ご閲覧ありがとうございました。
ではでは(^^)/

  • この記事を書いた人
u83941or0

小林 祐也(ぷーさん)

ライフハックブロガー/ティール組織 と価値主義のエヴァンジェリスト /ゲーマー/Amasonレビューアーランカー /GoogleローカルガイドLv8/占い師 /コンサルSE 歴14年/NewsPicker

-ゲーム
-

Copyright© ぷーさんの閃考 , 2019 All Rights Reserved.